アンプ

AMP53
CEC
AMP53-MHT  ¥252,000-(税込)

コンパクトなボディに詰め込まれた最新テクノロジーの数々

横幅が217.5mmのハーフサイズという「53シリーズ」に、待望のコントロール/パワーアンプ「AMP53」が新発売されました。「可能な限り信号経路を短くする」という設計哲学で開発されたAMP53は、入力セレクターとボリュームを設けただけのシンプルな構成ですが、CECの技術が凝縮されたモデルとなっています。

AMP53フロント&リア

入力段から出力段まですべての回路をフルバランス設計とし、低ノイズ・低歪みを実現。出力回路には新世代のLEF回路(Load Effect Free)を採用することで、安定性と音質がともに向上しました。しかもミューズハートチューニングを施すことによって音質を2グレード以上アップさせました。

音量調整には、アンプのゲインをデジタルでコントロールすることで音量レベルによる音質・性能変化を極小に抑える技術、DIGM(Digital Intelligent Gain Management)を採用しています。

筐体とボリュームノブは重量感のあるアルミニウム押し出し成形で、これは冷却効果を高める役割も果たします。さらに筐体内部の温度はセンサーで管理され、オートコントロールの底部ファンにより安全な温度に保たれています。(このファンはノイズをほとんど発生しない独自の磁性体軸受のものです)

このように、細部のいたるところにまで音質向上が図られたAMP53。その音調は上質で豊潤です。厚手な中低域と低域が特徴的ですが、動きは軽快なので、臨場感、ライヴ感も実にナチュラル。心地好く音楽を楽しませてくれるアンプと言えるでしょう。

店長の試聴レポート

一聴してまず感じたことは、どこまでも自然な響きがするということです。
音楽的な表現も十二分で、これ以上はいらないほど豊かで美しいです、正直言って驚きました。これは響きのバランスが大変よいからです。ですから聴き疲れする音は皆無です。このことは長時間音楽を聴くためには大変重要なことだと思います。
要するに生の楽器の音の佇まいやバランスに近い響き、ということです。そんな音の重なり合いは実に美しく、自然さに溢れる豊かな音ということになります。このような音作りはCEC製品の特徴と、もう言ってよいのではないでしょうか?

▼試聴レポートの続きを読む

主要スペック

定格出力 120W+120W(8Ω)
周波数特性 10Hz〜200kHz/+0/-0.2dB/1W
S/N比 XLR:101dB
RCA:91dB(flat/1W)
全高調波歪率 XLR:0.0028%
RCA:0.016%(1W/1kHz)
ゲイン 0dB/+6dB
入力端子 バランス(XLR)x 2
アンバランス(RCA)x 2
出力端子 スピーカー出力 x 1
REC OUT x 1
電源 AC100V・50/60Hz
消費電力 60W (無入力時)
300W (RCA入力/8Ω負荷定格出力時)
外形寸法 217.5(W)x 448(D)x 100(H)mm
質量 9.6kg
付属品 ACケーブル/リモコン/取扱説明書/保証書
カラー シルバー