スピーカー

S-1G
Vienna Acoustics(輸入元:CEC
S-1G  ¥157,000-(ペア/税込)
S-1Gカラーバリエーション

サイズからは想像だにできない重厚さと高い解像度を備えたコンパクトモデル

発売以来好評を博したウィーンアコースティックの“Classic Line Series”が、大幅にグレードアップされ“Concert Grand Series”として生まれ変わりました。
そのサイズからは想像だにできない重厚さと高い解像度を備えたコンパクトモデル「S-1G」は、従来機「S-1」の良質な音質傾向を引き継ぎながら、数々の革新的な新技術を投入し、さらに雄大なスケールで「音楽の持つメッセージ」を緻密にかつ大胆に再現します。

S-1Gのおもな特長

フロントポート方式バスレフ型を採用

この独創的なフロントポート方式は、内部に設けられたバスレフポートの音道とそれに続く「くさび型」反射面により、空気の流れを2つに分割し放射します。その後、空気の流れは朝顔型にデザインされた精巧な開口部から、さらに広範囲へと拡散され、明確な音像と豊かな音場感をともなってリスナーに迫ります。

カスタムメイドのシルクドームツィーター

新開発の2.5cmシルクドームツィーターは人念な手作業により、最適なコーティングが施されています。また、ボイスコイルには4Ωの極めて軽いものを採用し、磁気回路の空隙には特別に開発された磁性流体を封入しました。これらの技術の数々が、透明感あふれる最上級の高域再生を可能にします。

画期的な新素材“X3P”を採用したミッドバス・ユニット

新開発の15cm中・低域ドライバーユニットには、ウィーンアコースティック独自の高機能樹脂“X3P”と3種類のポリプロピレンを混合した、極めて制動性の高いコーン紙を使用。凹状に湾曲させたラバーエッジはドライバーの駆動力を損なうことなく的確に伝えます。

ディフューザーをグリルネットの中心軸に装備

ディフューザー(位相拡散器)をグリルネットの中心軸に組み込んだ独創的グリルネットを採用。これによりツィーターをはじめ、全てのドライバーユニットの音波が拡散され、音場感の奥行き、ステレオイメージともに向上します。

主要スペック

システム 2ウェイ/フロントポーテッドバスレフ型
ユニット 15cm:X3P透明コーンミッドレンジバスドライバー
2.5cm:シルクドーム型ツィーター
インピーダンス
再生周波数帯域 42〜20,000Hz
クロスオーバー周波数 2,800Hz
音圧レベル 89dB
許容入力 25〜180W
外形寸法 174(W)x 265(D)x 361(H)mm
質量 10kg(1本)
カラー ローズウッド/メイプル/ピアノブラック/チェリー
※メイプル/ピアノブラック/チェリーの3種は受注販売